頚椎ヘルニアとは?

ヘルニアと聞くと、多くの人が腰部に起きる椎間板ヘルニアをイメージするかと思いますが、椎間板ヘルニアは頚椎ヘルニアといって頚部でも発症します。

椎間板ヘルニアというのは、骨が擦れ合わないためのクッションの役目をしている椎間板が変性して潰れて神経を圧迫している疾患のことをいいます。

頚椎とは首のところの骨のことをいいますが、頚椎は7つの骨が積み重なっている状態になっていて、首には様々な負担がかかりますが、もちろん頚椎にも椎間板があり負担を抑える役割があります。

頚椎ヘルニアの場合、腰部の椎間板ヘルニアとは少し異なり、頚椎症という骨の変形から発症することが多い様です。

首を後ろに倒したり、横にした時に腕がしびれたり、痛むが走る様な場合、頚椎ヘルニアの可能性があります。

首が動かしにくくて気付く場合もあります。

頚椎の椎間板に問題があり、本来あるべきところから椎間板が飛び出すヘルニアという状態になることで神経にあたり、痛みやしびれを感じさせるのです。

ヘルニアといえば、完治は難しいから仲良く暮らしていくと考えている人も多くいる様ですが、頚椎ヘルニアの場合、その症状と原因をしっかり調べて治すことができます。

頚椎ヘルニアは放置しておけば、どんどん症状が悪化する傾向にあり、手の動きや歩行障害、膀胱や直腸に障害がでるなど体の様々に影響が出る可能性があるので、できるだけ早く病院で検査を受ける様にしましょう。